クレアチンには副作用があるの?ないの?

MENU

クレアチンには副作用があるの?ないの?

まだクレアチンを飲んだことのない人であれば、恐らくクレアチンの副作用についても心配なのではないでしょうか?
そこ今回は、クレアチンの気になる副作用についてお話していきます。何か副作用があるのでしょうか。
これからクレアチンサプリを利用しようかと考えている人がいたら、ぜひご参考にしてみてくださいね。

 

基本的に副作用はないけど大量摂取は控えましょう

 

サプリメントは薬ではないので、クレアチンをサプリから摂取するなら基本的に副作用はありません。しかし、どんなに安全なクレアチンサプリであっても、大量摂取はやはり問題です。

 

一度にたくさんクレアチンサプリを摂取した場合には、以下のような症状が出る恐れがあります。

 

・筋肉がつりやすくなる
・尿の量が増える

 

尿の量が増えてしまうと脱水になりやすくなるので、排尿が頻繁な分、水分を積極的にとるようにしましょう。

 

クレアチンサプリの正しい飲み方とは

 

クレアチンの飲み方は少し特殊な方法です。
以前までは「クレアチンローディング」と言い、およそ5日間に渡り、一日約20グラムものクレアチンを摂らなければいけませんでしたが、最近では、このような不自然な量でなくても、体内のクレアチンレベルを最大限に引き上げられることがわかっています。

 

その方法とは、一ヶ月間で毎日3〜5グラムのクレアチンを飲み続けることです。これだけでも一か月後には体内のクレアチンレベルが最大限にできると言われています。

クレアチン効果が出てくるとこうなる

 

クレアチンサプリの効果が出てくると、30日間でも今より何倍もパワーアップした体つきにできます。持久力は勿論、見た目も筋肉が大きくなり、たくましい体に見えるようになるでしょう。