クレアチンサプリの口コミランキング@筋トレサポート・筋肉増強に○

MENU

クレアチン サプリ

筋トレをしている人なら、クレアチンを耳にしたこともあるでしょう。体内ですぐに利用できるエネルギー源として、効率よく筋肉を大きくする上で欠かせないアミノ酸です。筋肉の中に存在するクレアチンを補給していけば、筋力をより発揮しやすい、筋肉がより太くなりやすいという効果があります。アスリートにも注目されている成分の1つです。

 

ただ、食品の中に含まれている量が少ないので、サプリで摂るのが現実的です。当サイトでは、筋トレサポート・筋肉増強におすすめのクレアチンサプリをランキング。クレアチンは疲労回復にもよい効果を生むので、トレーニングする人には欠かせない成分です。

 

クレアチンアルティメイトの特徴

高純度クレアチンを高配合した筋トレサポートサプリです。純度99.99%のクレアチンを5,000r配合、筋トレ時のエネルギー不足をサポート。筋トレに欠かせないBCAAのほか、アルギニン、疲労回復のグルタミンも入っています。持久力、回復速度、筋肉量のUPに。短期間で効率よく理想の筋肉を手に入れたい人におすすめします。溶けやすく飲みやすいパウダータイプ。人数限定トクトクコースは、120日間返金保障など5大特典つき。

価格 500円
評価 評価5
備考 クレアチン5,000r・BCAA・アルギニン・グルタミン

 

ストライクHMBの特徴

クレアチン+αでトレーニングの効果をUPさせるサプリです。筋肉のエネルギーとなるクレアチンを配合しています。さらに、筋肉量を増やしたい人にうれしいHMB&BCAAも。L-カルニチンなどサポート成分もプラスされていますので、体脂肪の燃焼を考える人にもぴったりです。手軽な錠剤タイプ。1日めやす6粒にクレアチン10r配合。筋トレ前や最中に摂るのがおすすめです。

価格 500円
評価 評価4
備考 クレアチン10mg・HMB&BCAA・L-カルニチン

 

ディープチェンジクレアチンの特徴

持続力がなくなってきたと感じる人にはトリプル配合をどうぞ。30代40代といった、年齢とともに気になることが増えた世代におすすめします。筋トレ効率UPにうれしい、クレアチン・HMB・BCAAの3つを独自の比率で配合。さらに疲労回復や燃焼サポートなどの成分もしっかり。筋トレと一緒に、1日めやす3〜6粒摂るだけです。人数限定、お得な定期便メガ得コースもあります。

価格 560円
評価 評価3
備考 クレアチン・HMB・BCAA

 

クレアチンの効果

 

体をもっと引き締めたい、そう思いトレーニングなどを続けている人は「クレアチン」という成分を知っているかもしれませんね。それはクレアチンが筋肉に何らかの影響を与えているからでしょう。

 

実のところクレアチンというのは筋肉にどういった効果をもたらしているのでしょうか。クレアチンが筋肉をつける手助けをしてくれる効果があるということは、それなりに知られているようです。筋肉をパワーアップするための筋トレにとっては強い味方です。筋肉をつけたいとは思っているけど、ただただ筋トレだけを続けてきた、そういった人は多いのではないでしょうか。

 

クレアチンというのはタンパク質の一種になります。筋肉の中であって、エネルギーを貯蔵している物質の中の一つなのです。クレアチンが持っているエネルギーというのはどんなものでしょうか。私たちの筋肉はが強度の高い運動を行う時にクレアチンが使われていくので、クレアチンを筋肉に補給していけば、筋力をより発揮しやすいのです。それに筋力の持続時間というものが長くなっていきますし、筋肉がより太くなりやすいようです。

 

クレアチンというのは筋肉の中に存在している物質なのです。お肉やお魚といった食品の中にも含まれていますが、その量はかなり少ないようです。私たちが運動する際にエネルギーが消費されますよね。体がエネルギーとして使うことが出来る成分はATPだけなのです。

 

筋トレサポートにクレアチン

 

クレアチンという成分は、筋トレを効率的に行っていくうえで欠かせないものです。筋力をさらにもっと高めていくためには、クレアチンをサプリなどで服用するのがおすすめです。

 

まずはクレアチンが持っている特長やその働きについて、詳しく説明したいと思います。ほかにも推奨されるような効果や服用することによって起こるかもしれない怖い副作用についても紹介したいと思います。さらに良い効果が期待出来るような摂取方法やサプリの選び方についても見ていきましょう。クレアチンというものを知っている人もいれば、まったく初めて聞いたという人もいるでしょう。たぶん筋トレを行っている人であれば、結構いろんなところで耳にしているのではないでしょうか。

 

クレアチンは普段鍛えている骨格筋の中に含まれているものです。それ以外にも心臓や精子、脳といった場所に存在していて、様々な効果を発揮してくれているのです。クレアチンというのはタンパク質の中の一つであり、筋肉の中に存在している物質です。クレアチンを摂取することによって筋肉量が増えていき、筋力が増大したり、筋力の持続時間がより長くなっていったり、瞬発力がついたりするなど、筋肉を鍛えることを目標としている人にとってはなかなか嬉しいメリットがたくさんあるのです。

 

本来、私たちの体の中に存在している物質ではありますが、激しい運動をしたりすると消費されていってしまいますから、アスリートやオリンピック選手のような激しい運動をしている人は、クレアチンサプリを摂取しながらトレーニングしていくのが効果的なのです。

 

クレアチンは私たちの体の細胞の中に自然な状態で存在しています。エネルギーを貯蓄するような作用があって、人の身体能力というのは、クレアチン無くして維持することは出来ないのです。クレアチンは肝臓や腎臓、膵臓において、グリシン・アルギニンやメチオニンといわれるアミノ酸から合成されています。そこから血液を通り全ての細胞へと行きわたっていくことにより、体の隅々のエネルギーとなっていき、元気に動くことが可能となるわけです。

 

疲労回復に良いクレアチン

 

クレアチンというものは私たちの体の中で合成されるアミノ酸の一つとなります。私たちの体内においては95%が骨格筋に存在しているといわれています。わたしたちは体を動かす際に「ATP(アデノシン三リン酸)」といわれる物質をエネルギー源としながら筋肉を動かすことになります。

 

ATPというのは多くの場合、脂肪や糖などから合成されるのですが、強度の高い運動が行われる際には、筋肉内にあるクレアチンを使い合成されることとなります。要するに体内にクレアチンが充分に存在している状態ならば、スポーツなどで思い切り走ったりする場面では、高いパワーを発揮することが出来ることになります。

 

さらに筋肉内の糖が消費されないために疲労物質といったものがたまりづらくなり、回復も早まるといった利点もあります。こういったことが注目され始め、アスリートの間においては利用する人が増えてきています。クレアチンは筋肉の疲労回復を早めてくれた上に身体機能をアップさせる事が出来るのです。そのために筋肉の量を増やしていく事も可能となります。

 

そうした結果、筋肉が増えたことにより基礎代謝が上がっていき、脂肪燃焼にも効果的となります。だからダイエットもしやすい状態となっていくことでしょう。それだけではなくリバウンドをする可能性も大変低く、ダイエットをしてもすぐに失敗してしまうという方にはとても向いているのです。それに、筋肉の疲労回復にとっても効果があるものなので、疲労がずっと続いてしまっている人にもかなり効果があるでしょう。クレアチンは健康な状態を維持することや美容の促進などに大変役立つ効果が期待されているのです。

 

ダイエットに良いクレアチン

 

クレアチンは筋肥大効果が実証されている成分となります。たくさんのアスリートや筋トレ愛好家たちからずっと愛され続けています。筋肉を増やす増量期では必要不可欠とされるサプリメントといえるでしょう。

 

ですが減量期やダイエット中において、はたしてクレアチンは必要なものなのでしょうか。クレアチンの効果というのにはどんなものがあるのでしょうか。それを簡単に説明してしまうと、筋瞬発力の持久力向上効果でしょう。クレアチンというのは筋肉が大きな力を発揮しなければならない時、必要とされるエネルギーを溜めこむような働きがあります。そのため筋瞬発力の持久力が向上されていくのです。そういったことから、よりハードなトレーニングを行っていくことが出来るようになり、筋肥大効果や運動パフォーマンス向上効果といったものが期待出来るのです。

 

でも筋肥大にはオーバーカロリーがどうしても必須となり、アンダーカロリーを維持していく減量期に飲む必要というのははたしてあるのか疑問が残ります。クレアチンを摂取している時とそうでない時においては、トレーニングの強度というのは明らかに違ってきます。クレアチンを摂取することによって、トレーニング強度というのは明らかに向上するのです。減量期はアンダーカロリーとなるために、筋肉を成長させる「筋肥大」は基本的には望むことができません。そのために単純に減量期にクレアチンは不要と考えてしまう方もいらっしゃるようです。ですが減量期は脂肪と一緒にある程度は筋肉も落ちていくものです。その際にどうにかして筋肉を減らさないようにするかが減量期の肝となってきます。そのためにボディビルダーたちはPFCバランスといった栄養管理の徹底やトレーニング強度を落とさないようにすることを心がけています。

 

クレアチンを飲むタイミング

 

筋力と深く関係ししている成分やサプリメントがそうであるように、クレアチンについても最大限その効能を働かせるためには、服用するタイミングが重要となります。思いついた時に飲むというのでは、十分に吸収されることもなく、また存分に使われることもないままに排泄されてしまうこととなります。だから効果的な摂取タイミングというのをあらかじめ知っておくことが大切です。

 

クレアチンに出来るだけ効果的に働いてもらうために重要となるポイントは二つあります。1つめは、クレアチンが筋肉細胞内に取り込まれていくには糖質と同じ様にインスリンが必要となります。そして2つめは、運動中から運動直後に筋肉内にクレアチンが高濃度の状態で存在しているということです。

 

この2つについてじっくり考えてみましょう。
クレアチンですが、筋力増強効果という面においては、筋肉細胞内に取り込まれた後に初めて効果を発揮することになります。
そして、血液中にあるクレアチンが筋肉細胞内に取り込まれていくためには、糖質と同じようにインスリンの作用があってこそ成されるのです。そのためインスリンの分泌が促進される糖質摂取後に、さらに言えば食後に服用すればば筋肉への取り込みはおおよそ確実に行われることとなるでしょう。

 

クレアチンは筋肉内でエネルギーを生じさせるとともに、疲弊してしまった筋肉を回復させることにも深く関与しています。ですからどんなに遅くても、運動後の状態で筋肉内に乳酸が溜まっている状態でクレアチンを働かせるのが望ましいのです。

 

クレアチンは腎臓、肝臓に悪い?

 

クレアチンを常時摂取していると、腎臓や肝臓に対して悪い影響を与えるのではないかといった話はかなり頻繁に聞きます。でもクレアチンについて長期にわたって臨床試験や追跡調査を行った結果、肝臓や腎臓に対してネガティブな効果が認められたということは一度もないのです。

 

クレアチンが内臓に対して影響を与えるのではないかと思われる一番の要因は、やはりクレアチニンの存在かもしれません。クレアチニンというのは腎機能低下のマーカーとなってしまうので、クレアチンの過剰摂取によってクレアチニン値の増大を招いてしまい、つまりそれは腎臓に対して負担がかかってしまうのではないかという発想につながったのです。そしてひどい場合には、クレアチンとクレアチニンを混同してしまっているようなことさえ見受けられます。そういった誤解に基づいて発生した不安といえるのではないでしょうか。

 

腎臓が弱ってくるとクレアチニンの処理が滞ってしまうというのは確かです。でもクレアチニンの処理をすることが大きな負担がかかってしまうような作業というわけではないのです。クレアチニンというのは腎臓が処理をすることにより排泄していく以外には減りようがありません。そのため腎機能指標としては大変分かりやすい存在なのです。だからクレアチンを少しくらい多めに摂取したとしても、なにも腎臓や肝臓に負担をかけるようなことはありません。

 

ですから、もうすでに腎機能が悪くなっているという人は、クレアチンを摂取してしまうと有意にクレアチニンが増加していくため、摂取すべきではないのです。でも健康な人であるならば、クレアチン摂取によって内臓へ負担がかかるなどということはほとんどありません。

 

クレアチンはHMBと一緒に摂ると良い!

 

ビルドマッスルHMBとクレアチン、この2つの相性は抜群といわれています。クレアチンを摂取することによって、高強度なトレーニングの回数を増やしていくことが可能となります。普段が60kgのベンチプレスをあげるのは5回がやっとだという人も、5回を3セット出来るようになった、そんな具合となります。短期間のうちに筋肉をつけたいと思う人は、ビルドマッスルHMBの摂取と同時にクレアチンも併せて摂取することをおすすめいたします。

 

私たち人間は最大限のパワーを発揮することが出来るのは、およそ8秒くらいまでが限界だろうと言われています。その理由にはパワーを出すために必要とされる栄養素(ATP)をほんの少しだけしか蓄えることが出来ないからなのです。ATPを他のもので例えるとしたら、車でいうところのガソリンでしょう。アクセルを思い切りべた踏みするとガソリンは一気に消費されてしまい、8秒でガス欠になってしまうということなのです。クレアチンの効果というのは、車から出てきた排気ガス(使用済のATP)を再びガソリンとして利用することができるように働いてくれるのです。

 

要するにクレアチンを摂取することによって、最大限のパワーを得た状態で筋トレを行う回数が増えていくことになります。クレアチンには筋トレ強度の増加する働きがあり、HMBには筋肥大と筋肉の分解を防いでくれる効果があります。各々異なった効果があるので、お互いの相乗効果が期待されるわけです。

 

クレアチンとHMBの両方を同時に摂取した場合における筋肉増加量の違いについて研究を行ったという論文が存在します。その研究においては、HMBのみ摂取したグループとクレアチンのみを摂取したグループとに分かれます。そして、クレアチンとHMBのどちらも摂取したグループにおいては、HMBのみ摂取したグループと比べると、およそ2倍以上も筋肉が増加していたことが分かりました。クレアチンは導入しておくべきですね。